発達障害

ホーム

発達障害グレーゾーンでもほぼ確実に障害者手帳が取得できる話

発達障害グレーゾーンでもほぼ確実に障害者手帳が取得できる話 結論から話すと、発達障害の診断が下りず、グレーゾーンと言われた経験がある人でも、最終的に障害者手帳を取得することはできる。 その方法は、発達障害と診断してくれる精神科医...
ホーム

【発達障害】TOEICのプライオリティサポートを利用して70点アップした話【実践編】

TOEIC試験でプライオリティサポートを希望すると、精神や発達障害のある人でも必要な配慮を受けることができる。 発達障害向け。TOEICのプライオリティサポートを利用して70点アップした話【準備編】の続きで、今回は間近に受験し...
ホーム

【発達障害】TOEICのプライオリティサポートを利用して70点アップした話【準備編】

日本では英語の能力を証明する資格として、TOEICが重視されている。 翻訳業や外資系の企業では、求人に応募するのにTOEIC800点以上は最低条件、あるいは900点以上を求められることもある。 しかし、ADHD、...
ホーム

不注意優勢で処理速度が遅い発達障害者が人生ハードモードな理由

発達障害の話題は最近多くなってきているが、発達障害にも色々なタイプの人がおり、社会への適応のしやすさも人によってかなり変わってくる。 中には発達障害の診断を受けず、配慮がなくても仕事をこなせている人もいるだろう。 ...
ホーム

知能検査の種類と誤解、受ける前に知っておきたいこと

IQテストは現在、主に知的障害と発達障害を診断する際に使用されている。 特に近年は、幼児から成人まで発達障害を疑い知能検査を受ける人が増えてきた。 知能検査自体は20世紀初期から開発され、様々な批判も起こってきた...
ホーム

発達障害で障害者手帳を取得する方法を解説する【詳しい体験談付き!】

発達障害児・者を取り上げるテレビ番組が増えてきたことで、最近では「発達障害」という名称がそれほど珍しいものではなくなってきた。 自分が初めて精神科で検査を受けた当時、発達障害かもしれないと他人に話すと、「歩けるの?!す...
ホーム

ウェクスラー成人知能検査(WAIS)を2回受けた結果

発達障害の診断をするときには、医師の問診によりこれまでの生育歴やエピソード、または現在の学校や会社での状況が参考になる。 もう一つ判断材料に使われるのが「知能検査」だ。 児童が検査を受ける場合「児童向けウェクスラ...
ホーム

場面緘黙・発達障害は遺伝するのか?

場面緘黙や発達障害と親からの遺伝の関連性はこれまで何度となく議論されてきた。 「発達障害 遺伝」「場面緘黙 遺伝」などで検索すると当事者・経験者の記事や投稿が表示され、多くの人が関心を持っているのがわかる。 そこ...
ホーム

特例子会社へ就職する前に知っておきたいこと【体験談】

障害者の法定雇用率の引き上げ、精神障害者の雇用義務化など、ここ1、2年で法律が改正されてきた。 精神科に通う患者数の増加に加え、発達障害者・児の数が激増している背景もあって障害者雇用での就職を考えている障害者の数も増えている。 ...